世話人代表から一言            

                         三木祥男

 大阪がん患者団体協議会は、がん患者・家族のQOL向上を目的とする団体です。

 そのためには、2つの役割があると考えております。

1.がん行政にがん患者・家族の声を反映させること 

 平成19年4月1日がん対策基本法が施行されて、国と同様に各都道府県においても「がん対策推進基本計画」が立てられることとなりました。

 大阪府においては、がん対策推進委員会および各種部会を設置し、昨年第2期大阪府がん対策推進計画を立案し、平成26年度から実施されることになりました。

 当会の前身である大阪がん患者・家族連絡会は、委員会・各部会に患者側委員を推挙して、その審議に参画して参りました。

 当会は第2期計画の推進においても、がん患者・家族の声を反映させることが重要であると考えております。そのために今後も患者側委員を推挙して、審議に参画して行く予定です。

 また大阪府が進めるがん対策推進事業に対しては、がん患者団体として前向きに連携して行くことが、がん患者・家族の為になると考えております。

 

2.がん患者・家族のための活動の充実

 当会の会員(がん患者団体)は、それぞれが独自の考え方に基づいて、がん患者・家族の支援活動をして参りました。  

 しかし会員同士が結束することで、より多くのがん種の、より多くのがん患者の皆さんに、より魅力のある支援を行えると考えております。

 今後会員相互の情報交換や相互扶助・連携など、活動の幅を広げて、より多くのがん患者・家族の皆様の支援に貢献したいと考えております。